エチニルエストラジオール配合のピルは更年期に有効か

エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンと呼ばれています。
通常であれば女性の体内で活発に排出されているホルモンですが年齢とともにこのホルモンが減少してくる更年期の時期に入ると様々な不定愁訴が出てきます。体が浮腫みやすくなる。顔が火照ってくる。汗が止まらない。またイライラや不安症になったりと精神状態も不安定になってくる場合があります。更年期の時期にはある程度体の変化があっても当たり前ですが、それが日常生活を送る上で不自由になってくると更年期障害と言う名称になります。ここまで来ると何かしらの医療を施さないと日常の生活に支障をきたしてしまう状態です。
ピルの中にもエチニルエストラジオールが含まれています。ピルの効能には服用する事により過多月経抑制や子宮内膜症の症状を緩和する事など月経を止めて子宮を休ませる事、また避妊効果などがありますが、他にも不安定になったホルモンバランスを一定に落ち着かせる役割もあります。ピルは更年期にも有効と言う事になります。実際に服用している薬の成分はエチニルエストラジオールだけではなく、黄体ホルモンも含まれています。これは卵胞ホルモンだけを飲み続けるとガンを発症するリスクがある為、薬の成分には黄体ホルモンも一緒に配合されているものが殆どです。ただし、服用目的が問題になってきます。現在中容量や低容量のピルを服用している人は現在の状態を踏まえて一度婦人科を受診した方がいいでしょう。更年期を迎える辺りから体内は血栓が出来やすい体質へと変化していきます。何が必要でどうしたいのかじっくり考え医師に相談する事が一番です。薬で無理に抑えていると体への負担が増えていく事は確かです。