エチニルエストラジオールの内容量と生理痛との関係

エチニルエストラジオールは、前立腺がんや乳がんを治療するための薬です。前立腺がんは男性特有の病気ですが、エチニルエストラジオールの作用としては男性ホルモンの濃度を低下させることにより、がん細胞の増殖をおさえることが期待できます。治療として使われるケースとしては、手術の前後に用いる場合や、進行した前立腺がんや転移を抑えるといった作用が期待でき、腫瘍による骨の痛みを軽減させることができます。
一方でエチニルエストラジオールの女性の場合には、乳がんが女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けて大きくなる性質があり、エチニルエストラジオールを摂取することで、この性腺刺激ホルモンの分泌をおさえ、内因性エストロゲン濃度を下げることができ、その結果、乳がんの進行おさえることができます。またエチニルエストラジオールは、女性ホルモンのバランスを整えるため、ホルモンバランスの変化によりひどくなった生理痛の軽減に役立てることができます。また生理痛を改善することで頭痛や吐き気、イライラ、憂鬱症といったものを改善することが可能です。なおエチニルエストラジオールを含む薬としては低用量ピルなどの経口避妊薬があり、これらを利用することで避妊を行うだけでなく生理痛などの軽減につなげることができます。
エチニルエストラジオールを含んだ薬は多くあり 先発医薬品としてはプロセキソール錠があります。 内容量としては10錠程度ですが、主に病院での治療で処方されます。一方でエチニルエストラジオールを含んだ薬として簡単に手に入るものとしては低用量ピルがあります。低用量ピルの場合には、内容量は21錠または28錠となっているのが一般的です。この内容量の理由としては、低用量ピルでは21日間服用し7日間休止するという28日のサイクルで服用する必要があるためです。