ピルの服用と成分エチニルエストラジオールについて

避妊や生理痛の緩和などに服用するピルは、ミニピルと呼ばれる薬を除けば、女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンの両方が含まれています。
そして卵胞ホルモンとして用いられているのがエチニルエストラジオールです。
ピルを服用する際に排卵を抑制して避妊効果があるのは黄体ホルモンなのですが、そのサポートをしているのが卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールです。
そのために、エチニルエストラジオールはピルの成分としては必要なのですが、問題点もあります。
エチニルエストラジオールを摂取すればするほど吐き気や頭痛などの症状が出やすいのです。
そのために、エチニルエストラジオールの量は次第に減らすようにされていて、現在用いられているピルは低用量ピルと呼ばれているものが多いです。
低用量以外にも、中用量、高容量、あるいは超低用量もありますが、これらはエチニルエストラジオールの含有量を現しています。
避妊や生理痛の緩和、生理日の調整などは低用量ピルを服用していれば十分に効果が得られるのです。
もう一つ、エチニルエストラジオールの副作用について知っておいた方が良い事として血栓症があります。
血栓症というのは血栓が出来て血液の流れを止めてしまう症状の事であり、出来る場所によっても症状が異なります。
例えば、足に出来た場合は足が痛んだり、痺れるなどの症状が現れます。
場合によっては命を落とす事もある副作用であり、それで亡くなっている人も実際にいます。
脅すようになってしまったかもしれませんが、実際に血栓症が現れる事は非常に稀な事であり、亡くなっている人というのはその中でもさらに一部の人になります。
きちんと医師の診断を行った上で服用する分にはそのような心配はほとんど無いですし、おかしな症状が出てもすぐに医師に診てもらえば大事に至るという事はほぼ無いと考えて良いです。