生理関連、避妊に用いられるエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールは、月経困難や生理不順など、女性特有の病気に用いられる薬です。これらの病気には、女性ホルモンの働きが関わっています。ホルモンのバランスが崩れることで生理周期に異常が現れ、様々な症状が起こります。そこで治療として用いられるのが、経口薬で女性ホルモンを補い、体内のホルモンバランスを安定させる方法です。
女性ホルモンには主にエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンと、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンがあります。エストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンで、子宮内膜を増殖させ厚くする作用があります。プロゲステロンも卵巣で合成され、乳腺の発達や子宮内膜の調整などを行います。この二つのホルモンの働きがあって、適切な妊娠や生理周期が行われるのです。生理のリズムが不安定なときは、このエストロゲンやプロゲステロンと同じような働きをする薬を一定期間服用し、まず子宮内膜を増やし、維持します。その後薬の服用を中止することで増えた子宮内膜が剥がれ、生理が起こるきっかけを作ることができるのです。エチニルエストラジオールは合成エストロゲンとして配合されています。
エチニルエストラジオールは、避妊薬にも配合されています。卵胞が程度熟成してくると、女性の体内ではエストロゲンとプロゲステロンが分泌されるようになり、妊娠に向けて準備が行われます。そこで経口薬でエストロゲンとプロゲステロンを服用することで、卵胞がもう成熟していると脳に勘違いさせ、実際の卵胞の成熟を止め、排卵を抑えることで避妊効果を得ることができるのです。
生理の周期を整えたり避妊効果を得るためには、薬の用法用量を守り、定められた期間しっかりと服用を続けることが大切です。副作用が現れることもあるため、医師の指示をしっかり受けることが望ましいでしょう。