エチニルエストラジオールとは

エチニルエストラジオールとは、前立腺がんや乳がんの治療に用いられる薬です。
プロセキソール錠等といった名前で販売されています。

この薬は具体的には合成エストロゲン薬に、持続性を持たせたものです。
この薬を服用する事で男性ホルモンを抑制する作用があり、この事から前立腺がんに効果があるとされています。

また、この薬には性腺刺激ホルモンの分泌を抑制する働きもあります。
性腺刺激ホルモンが刺激されると、体内のエストロゲンの濃度が上がり、乳がんを悪化させてしまう要因となります。

エチニルエストラジオールは経口服用タイプの薬です。
前立腺がんや乳がんの治療に用いる場合には、1日3回1~2錠を服用するのが基本です。
しかし、年齢や症状の状態等によって服用量は変わります。
そのため、服用の際には医師の指導に従って正しく服用する事が大切です。

ただし、服用にあたってはいくつかの注意事項があるので、気を付ける事が大切です。
一つ目として、血栓性静脈炎等の血栓の病気がある人や、肝臓病や腎臓病、心臓病や糖尿病等の人は注意が必要です。
服用する事で症状を悪化させてしまう可能性があります。
診察の時に必ず持病の有無を医師に伝える事が大切です。

二つ目に、飲み合わせが禁止されている薬があるので注意が必要です。
禁止されている薬と飲み合わせると、薬の作用が弱ってしまい期待する効果が得られない場合があります。

他にも、卵胞ホルモンによって症状が悪化する乳がんや子宮がんに罹っている人が、その病気の治療以外の目的で服用する事も禁止されています。

エチニルエストラジオールは効果が期待出来る薬ですが、副作用が起きる場合もあります。
代表的な副作用としては、吐き気や食欲不振、腹痛等があります。
服用して違和感を感じたら、速やかに医師に相談する事が大切です。

↓ネット購入はこちらのサイトをご利用ください。
ピル 通販